妊娠初期葉酸をナショナリズムのアプローチで考えて何かいいことあるの?
NAVIMENU:HOME

不妊症の意外な原因



不妊症の意外な原因

不妊症に悩む現代人が増えています。

かつては、比較的高齢の女性によく見られた病気でしたが、近年は、若い女性にも目立つようになってきています。


比較的年齢を重ねた女性に見られたことから、かつて不妊症は、「病気」というよりは「年齢」が原因であると考えられた時期もありましたが、しかし実際には、かなりの高齢になっても出産できるだけの医学の進歩がみられているわけですから、年齢だけに不妊の原因を求めるのは、あまりにも乱暴な理屈ということになるでしょう。


では、いったい何が原因なのか?もちろん、原因は多様です。

単一的な原因ではないからこそ、不妊の原因を特定するのが難しいのです。

結果として、「不妊症は難しい病気である」とか「治らない病気である」といった、こちらも少々乱暴な論調になってしまうことがあるのです。


いろいろある中でも、意外と多いと感じられるのが、「運動不足」です。

おそらく「え?」と驚く人も多いでしょう。

しかしこれは事実なのです。


運動不足によって、血流が悪くなってしまうと、たとえば「冷え性」や「肩こり」など、身体のあちらこちらに不調をきたすようになることはすでに知られる通りです。

そして実は、「不妊」に関しても、この「血流の悪さ」が原因となっているケースがかなり多いといえます。


特に、下半身の血流の悪さが不妊には大きく影響すると考えられます。

日本が「車社会」になる前には、こんなに不妊症に悩む女性は多くありませんでした。

ストレスが多い現代に、ストレスを発散するための運動をおろそかにし、特に下半身の血流を悪くしてしまうとその結果として、ホルモンバランスの崩壊などを招き、これが最終的には「不妊」の形で症状が表面化するのです。


そして、実は不妊症という病気は、女性だけの問題ではないということも、最近わかってきているのです。

そう、「旦那さん(男性)の運動不足」も、かなり大きな不妊の原因として有力視されているのです。


妊娠という神々しい自然現象は、男性と女性の愛の結晶であり、力を合わせた結果でもあるのです。

ですから、どちらか一方だけが原因で不妊になってしまうということではありません。

このことは、特に男性には注意していただきたい部分です。


何しろ、子供ができないことを散々奥様の所為にしながら、実は自分自身に原因があったという可能性だってあるわけですから。

もしそれが事実でありながら、奥様を攻めたてたりしたら、そんなに理不尽な話はありません。


不妊に悩むご夫婦は、もちろん産婦人科に行くのも良い方法ですが、まずは「夫婦そろって」、毎日のウォーキングを行うところからはじめてみてはいかがでしょうか?
葉酸不足 胎児

妊活を行うという意味



妊活を行うという意味

芸能人やモデルが結婚後、積極的に子供を産むのための身体づくりの取り組みを「妊活」といってメディアで扱われたことにより、一般的に浸透してきました。

この背景には女性の結婚の年齢が上がってきたことが関係しています。

20代での結婚よりも、30代、40代になって結婚をする女性が増え始め、妊娠、出産においての身体にかける負担をより気にかけています。


愛する人と結婚し、その人との間に子供を産みたいという希望はあってしかるべきものです。

しかし一方で「子供は天からの授かりもの」という言葉が昔から言われているように、何が何でも産まなくてはならないという規則はどこにもありません。

妊活に励んでいる女性の皆さんの中にはこのことを誤解してしまい、まるで「妊娠しないことが罪である」という認識を持つことで、苦しんでいる方も多いようです。


「妊活」のゴールは単に妊娠、出産をすれば良いというものではありません。

母子ともに健康であることはもちろんのこと、夫婦生活をつづけるのであれば「家族の幸せ」が支柱として存在し、すべてを支えていなければなりません。

なかなか妊娠できないことで自分を責めて、精神的負担によってパートナーとの関係に亀裂生じるケースもあります。

なぜ「子供を産みたいのか」をもう一度冷静になって考えてみるべきでしょう。


自分とパートナーがボロボロになってまで無理矢理に妊娠して子供を産むというのははたして幸せでしょうか。

身体になんらかの理由があって不妊がつづくのであれば、病院によって相応の治療を行えば良いだけで、それは自分や相手を責める原因にはなりません。

「妊活」という言葉の浸透には「前向きな出産」というポジティブなイメージもある一方で、なかなか妊娠できないことを悪いことと思わせてしまうような節があります。

決してそんなことはありません。


子供を作るためだけのセックスを行うこともおすすめできません。

人間の本能として本当に自分の愛する人と一緒にいれば、そういう行為をしたくなるというのが、自然なことです。

本当に相手を好きで、愛して、セックスをして、新しい命が芽生えるという流れが、最も好まれる形の「妊活」です。

不妊治療とはまた別の意味合いをもっていて、精神的ストレスを抱えてまで過剰に自分の身体をコントロールしてしまうことは、ときに逆効果になってしまいます。


まずは、栄養の管理と生理の周期を計算する程度のことから初めて、自分の心が本当に望んでいることを冷静に分析しながら、パートナーとゆっくりと話し合うことが必要です。


妊娠 葉酸サプリ

妊娠したいのにできない理由



妊娠したいのにできない理由

結婚すればすぐに妊娠できると思っている人は意外とたくさんおられます。

しかし、なかなか妊娠できない場合もあるのです。

妊娠したいのにできない場合には、いくつかの理由が考えられます。

まず、生活習慣に原因がある場合があります。

なにげなく行っている生活の中に、妊娠できない理由があるかもしれないので、妊娠したいと思ったら、しっかりと生活習慣を見直すことが必要になってきます。

不規則な生活を行っていたり、朝食を食べなかったり、偏食をしていたり、たばこを吸っていたり、お酒を飲んでいたり、ストレスが多いとなかなか妊娠できないものです。

これらは、男性でも女性でもどちらにでも当てはまるのです。

不規則な生活は、体調に影響してくるものです。

男性も女性ともに、規則的な生活をするように心がけることが大切です。

たばこは控えるのではなく、やめることが大切です、たばこは血流を悪くしてしまうからです。

もちろん、男性も一緒にやめることが大切です。

ストレスも大きく影響します。

男性もストレスがたまることで、精子の数が減ってしまうこともあるので、ストレスを発散することが大切なのです。

そのほかにも、女性のみの原因も多くあります。

それは、冷え性であったり、運動をあまりしなかったり、生理不順や無月経であったり、肥満であったり、卵子が老化している場合などです。

冷え性は、妊娠したいと思っている女性にとって大敵です。

特に下腹部を冷やさないようにしなければいけません。

また、冬だけではなく、夏もしっかりと体を温めることが大切になってきます。

特に、夏は、冷房で体が冷えてしまうことがよくあるので、しっかりと対策をすることが大切です。

また、生理不順や無月経の人は、排卵がうまくいっていない可能性もあります。

自分で判断をしないことが大切です。

すぐに婦人科に行って、診察をしてもらうことが必要です。

そして、不妊と肥満は関係があるといわれています。

肥満の人は、無月経や無排卵になりやすいといわれているのです。

ゆっくりとダイエットをして、標準体型に戻すことが大切になってきます。

また、卵子も年をとってきます、33歳を過ぎたころから質の低下は顕著になってきます。

妊娠をしたいと思っているのであれば、早めに改善をするために動くことが大切です。

自分で考えられる原因がある場合には、改善をすることが必要なのです。

自分でできることをしっかりとすることで、妊娠に近づくことができます。


妊娠初期 葉酸

メニュー